献体協会ホームページトップバー

4.事業報告書

 

令和元年度 事業報告書

1.篤志献体の相談・助言
篤志献体に関する相談を随時専門相談員が対応するほか、電話、手紙、インターネット等による相談に応じた。
また、必要に応じて大学医・歯学部などの専門機関、医師などの専門家からの情報提供助言を受け、相談に応じた。
令和元年度献体登録に関する記録は下記の通りである。

令和元年度 献体登録に関する記録
(平成31年4月1日〜令和元年5月1日〜令和2年3月31日)
  H31年 R1年 R2年 合計
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
電話問合せ件数 93 92 89 103 72 46 56 68 82 61 75 86 923
(内数) 資料送付 65 64 62 72 50 32 39 47 57 42 52 60 642
直接大学を紹介 20 20 19 22 15 10 12 15 18 13 16 18 198
手紙問合せ件数 3 3 0 3 5 4 3 1 3 3 1 0 29
メール問合せ件数 60 83 48 25 37 47 46 42 40 53 37 58 576
(内数) 資料送付 13 16 8 5 5 5 8 12 5 8 8 9 102
直接大学を紹介 33 37 29 11 20 30 22 24 24 28 27 30 315
来局者(献体相談) 0 0 1 1 0 1 2 1 4 1 2 0 13
全連加盟大学へ献体登録希望者を紹介した数 18 24 14 70 14 33 20 16 14 17 23 14 277

2.献体運動に関する広報物を製作(調査、資料収集)
2019年度献体文集「解剖学への招待」を製作した。
文集は献体登録者たちの登録後の心境、篤志献体による解剖学実習前後の医学生の心境や体験、コメディカル校の教員、学生の解剖実習見学記が纏められている。
10,000部を製作し献体団体、医・歯系大学、福祉関係窓口、老人施設事務局などへ配布あるいは頒布した。
リーフレット、DVD、マニュアルなど各種広報物を有効利用し頒布の案内を継続して行った。

3.篤志献体賞贈呈(助成事業)
献体の普及・啓発・推進に関する社会的貢献の著しい個人または団体に篤志献体賞を贈る。
第12回 篤志献体賞は山川暁氏に授与された。
山川氏は、綿密な調査・研究に基づいて著書「我ら、死してのち献(ささ)ぐ―基礎医学を支える人々―」を上梓され、篤志献体に関する正しい歴史、理解に多大な貢献をされた。

4.若手研究者の育成(助成事業)
肉眼解剖ならびに臨床解剖学など献体による研究を振興し、今後の優秀な教育者を育成する目的の献体協会賞を選出し、研究の助成と顕彰を行った。
第13回献体協会賞受賞者
池津真大 新潟医療福祉大学 前腕屈曲回内筋群共同腱の形態学的特徴
金子史弥 新潟医療福祉大学 第5中足骨近位部に付着する組織の解剖学的特徴−付着領域・付着面積の検討−
村敬子 長崎大学 大腿四頭筋の起始頭に関する肉眼解剖学的検討−外側広筋と中間広筋間の独立筋頭について−
古川由梨香 秋田大学 腎臓内における神経の走行について

5.基本財産の充実
上記等の公益財団法人としての事業を行うため必要な基金を募った。
ホームページ上にも新たに「献体についてのご理解とご寄付のお願い」を掲載し、新しい方面からの寄付を募っている。

6.他団体との連携
目的を同じくする篤志解剖全国連合会との連携を密にするための連絡協議会を随時開いた。

7.定時評議員会、理事会を開催
1) 令和元年5月25日 第21回理事会を開催した。
  議案: 第1号議案 平成30年度事業報告の件
第2号議案 平成30年度収支決算報告の件
第3号議案 理事、監事の任期満了に伴う改選候補者(案)の件
第4号議案 令和元年度定時評議員会招集の件

2) 令和元年6月29日 令和元年度定時評議員会を開催した。
  議案: 第1号議案 平成30年度事業報告の件
第2号議案 平成30年度収支決算報告の件
第3号議案 理事、監事の任期満了に伴う改選の件

3) 令和元年6月29日 第22回理事会を開催した。
  議案: 代表理事、常務理事の選任の件

4) 令和元年11月22日 第23回理事会を開催した。
  議案: 第12回篤志献体賞の選出の件

5) 令和2年3月25日 第24回理事会の決議があったものとみなされた事項。
  議案: 第1号議案 令和2年度事業計画(案)の件
第2号議案 平成31年度収支予算の変更の件
第3号議案 令和2年度収支予算(案)の件
第4号議案 令和2年度資金調達及び設備投資の見込みの件

付属明細書
事業における重要な事項は令和元年度事業報告書に記載されており、「一般社団法人に関する法律施行規則」第34条第3項に規定する「事業報告の尚用を補足する重要な事項」は、特にない。
 

●事業報告書のPDF版

ページのトップへ | 目次へ戻る