献体協会ホームページトップバー

4.事業報告書

 

平成28年度 事業報告書

1.篤志献体の相談・助言
篤志献体に関する相談を随時専門相談員が対応するほか、電話、手紙、インターネット等による相談に応じた。
また、必要に応じて大学医・歯学部などの専門機関、医師などの専門家からの情報提供助言を受け相談に応じた。
平成28年度献体登録に関する記録は下記の通りである。

平成28年度 献体登録に関する記録
(平成28年4月1日〜平成29年3月31日)
  H28年 H29年 合計
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
電話問合せ件数 95 116 91 118 82 130 90 105 89 93 72 88 1169
内訳 資料送付 66 81 63 82 57 91 356 74 62 65 50 61 1108
直接大学を紹介 20 25 20 25 17 27 108 23 16 14 15 19 329
手紙問合せ件数 3 6 1 5 3 6 2 3 1 4 3 5 42
メール問合せ件数 78 46 58 46 53 63 48 59 28 47 55 62 643
内訳 資料送付 5 9 8 2 8 10 35 12 3 9 9 7 117
直接大学を紹介 54 14 36 31 22 37 30 31 20 30 31 45 381
来局者(献体相談) 2 3 7 4 6 3 2 4 3 2 3 1 40
全連加盟大学へ献体登録希望者を紹介した数 20 20 25 20 14 25 27 20 16 14 18 22 241

2.献体運動に関する広報物を制作した(調査、資料収集)
1) 平成28年度献体文集「解剖学への招待」を製作した。
文集は篤志献体による解剖実習前後の医学生の心境や体験、献体登録者たちの登録後の心境、コメディカル校の教員、学生の解剖実習見学記が収められている。
11,500部を製作し医・歯系大学、献体団体、福祉関係窓口、老人施設事務局などへ配布あるいは頒布した。
2) 献体ビデオの永久保存化
既存のVHS6種、70本をクリーニングし、ハードディスクにした。
委員会を活動させ、これを基に新しい献体啓発メディアの発行を目指したいと準備をしている。
3) 献体マニュアルの改訂版を作製
平成14年に改訂された献体マニュアルを改めて改訂することとなり、平成28年に作製委員会を立ち上げた。
平成29年1月までに4回の委員会を開催し、時代に整合した修正を行い、又、内容も献体の多岐にわたる情報を掲載して作製をしている。
完成は5月を予定しており、献体に関わる多くの方々に有効に便利に利用して頂きたいと願っている。

3.篤志献体賞贈呈(助成事業)
献体の普及・啓発・推進に関する社会的貢献の著しい個人または団体に篤志献体賞を贈る。
第9回篤志献体賞は内野滋雄先生に授与された。
内野滋雄先生は、献体者および解剖学者としての指導的立場から、献体の精神の普及と後進の育成とに長年にわたり尽力され、多大なる貢献をしたことを讃えて篤志献体賞を授与することとした。

4.若手研究者の育成(助成事業)
肉眼解剖ならびに臨床解剖学など献体による研究を振興し、今後の優秀な教育者を育成する目的の献体協会賞を選出し、研究の助成と顕彰を平成28年3月29日に行った。
○第10回献体協会賞受賞者
中村達郎 京都大学医学部 Infracardiac bursaに関する臨床解剖および発生学的検証
甲州健太 秋田大学医学部 皮下組織と血管の走行
清水翔太 秋田大学医学部 気管支分岐機構に関する研究‐B*出現機構に関する考察‐
花林卓哉 愛知医科大学 WFME国際認証に向けた骨学実習の提言
〜アウトカム基盤型実習書『骨学のすゝめ』の作製

5.基本財産の充実
上記等の公益財団法人としての事業を行うため必要な基金を募った。
ホームページ上にも新たに「献体についてのご理解とご寄付のお願い」を加筆して掲載し新しい方面からの寄付を募っている。

6.他団体との連携
目的を同じくする篤志解剖全国連合会との連携を密にするための連絡協議会を随時開いた。

7.定時評議員会、理事会を開催した
1) 平成28年6月25日 平成28年度定時評議員会を開催した。
  議案: 第1号議案 平成27年度事業報告の件
第2号議案 平成27年度収支決算の件
第3号議案 定款変更の件
2) 平成28年6月4日 第11回理事会を開催した。
  議案: 第1号議案 平成27年度事業報告の件
第2号議案 平成27年度収支決算の件
第3号議案 定款変更の件
第4号議案 平成28年度評議員会招集の件
3) 平成28年11月11日 第12回理事会を開催した。
  議案: 第1号議案 第9回篤志献体賞授与者の選定
               第10回献体協会賞について進捗状況の報告
               授与者の決定は平成29年1月を予定している
第2号議案 その他平成28年度公益事業の進捗状況について。
4) 平成29年3月27日 第13回理事会を開催した。
  議案: 第1号議案 平成29年度事業許画の件
第2号議案 平成29年度収支予算の件

以上、理事長 佐藤達夫作成の資料に基づき審議されたが、出席理事全員の承認をもって決議された。

付属明細書
事業における重要な事項は平成28年度事業報告書に記載されており、「一般社団法人 に関する法律施行規則」第34条第3項に規定する「事業報告の尚用を補足する重要な事項」は、特にないため、当年度の附属明細書は作成しない。

●事業報告書のPDF版

ページのトップへ | 目次へ戻る