献体協会ホームページトップバー

4.事業報告書

 

平成30年度 事業報告書

1.篤志献体の相談・助言
篤志献体に関する相談を随時専門相談員が対応するほか、電話、手紙、インターネット等による相談に応じた。
また、必要に応じて大学医・歯学部などの専門機関、医師などの専門家からの情報提供助言を受け、相談に応じた。
平成30年度献体登録に関する記録は下記の通りである。

平成30年度 献体登録に関する記録
(平成30年4月1日〜平成31年3月31日)
  H30年 H31年 合計
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
電話問合せ件数 59 60 65 63 70 47 56 72 78 86 58 85 799
(内数) 資料送付 41 42 45 44 49 33 39 50 54 60 40 59 556
直接大学を紹介 13 13 14 14 15 10 12 6 6 18 12 18 151
手紙問合せ件数 2 4 2 3 3 3 2 1 2 2 2 6 32
メール問合せ件数 34 54 34 26 46 32 40 36 51 52 48 52 505
(内数) 資料送付 8 10 5 3 9 2 1 3 2 7 9 10 69
直接大学を紹介 17 32 23 17 24 21 28 22 29 11 11 25 260
来局者(献体相談) 0 2 3 1 1 1 0 3 0 1 1 1 14
全連加盟大学へ献体登録希望者を紹介した数 16 19 16 14 12 8 20 13 12 11 25 21 187

2.献体運動に関する広報物を製作(調査、資料収集)
2018年度献体文集「解剖学への招待」を製作した。
文集は篤志献体による解剖実習前後の医学生の心境や体験、献体登録者たちの登録後の心境、コメディカル校の教員、学生の解剖実習見学記が纏められている。
11,500部を製作し医・歯系大学、献体団体、福祉関係窓口、老人施設事務局などへ配布あるいは頒布した。
リーフレット、DVD、マニュアルなど各種広報物を有効利用し頒布の案内を継続して行った。

3.篤志献体賞贈呈(助成事業)
献体の普及・啓発・推進に関する社会的貢献の著しい個人または団体に篤志献体賞を贈る。
第11回篤志献体賞は新潟大学名誉教授 熊木克治先生に授与された。
熊木先生は、マクロ解剖学の発展、新潟解剖学トレーニングセミナーによる多くの若手解剖学者の育成および新潟白菊会の発展等、解剖学と献体運動に多大な貢献をされた。

4.若手研究者の育成(助成事業)
肉眼解剖ならびに臨床解剖学など献体による研究を振興し、今後の優秀な教育者を育成する目的の献体協会賞を選出し、研究の助成と顕彰を平成31年3月26日に行った。
第12回献体協会賞受賞者
河田晋一 東京医科大学 頭頸部におけるリンパ系の局所解剖―脊髄硬膜・咽頭後部周辺のリンパ系の分布―
品岡玲 岡山大学 近赤外イメージングを用いたヒトリンパ系解剖研究
安部美幸 大分大学 血管支配様式から乳腺センチネルリンパ節の機能・形態を再考する−臨床諸問題に照らして−
武石みどり 新潟医療福祉大学 前脛腓靭帯の下部線維束の形態的特徴〜足関節前外側部の軟部組織性インピンジメントに着目して〜
石黒香帆 東邦大学 ヒト胸腰椎数の増減は四肢神経叢の構成に影響を及ぼすのか?

5.基本財産の充実
上記等の公益財団法人としての事業を行うため必要な基金を募った。
ホームページ上にも新たに「献体についてのご理解とご寄付のお願い」を掲載し、新しい方面からの寄付を募っている。

6.他団体との連携
目的を同じくする篤志解剖全国連合会との連携を密にするための連絡協議会を随時開いた。

7.定時評議員会、理事会を開催
1) 平成30年5月26日 第18回理事会を開催した。
  議案: 第1号議案 平成29年度事業報告の件
第2号議案 平成29年度収支決算報告の件
第3号議案 定款変更案の件
第4号議案 平成30年度定時評議員会招集の件
2) 平成30年6月16日 平成30年度定時評議員会を開催した。
  議案: 第1号議案 平成29年度事業報告の件
第2号議案 平成29年度収支決算報告の件
第3号議案 定款変更の件
3) 平成30年11月30日 第19回理事会を開催した。
  議案: 第11回篤志献体賞の選出について
4) 平成31年3月26日 第20回理事会を開催した。
  議案: 第1号議案 平成31年度事業計画の件
第2号議案 平成31年度収支予算の件
第3号議案 平成31年度資金調達及び設備投資の件

付属明細書
事業における重要な事項は平成30年度事業報告書に記載されており、「一般社団法人に関する法律施行規則」第34条第3項に規定する「事業報告の尚用を補足する重要な事項」は、特にない。

●事業報告書のPDF版

ページのトップへ | 目次へ戻る